カンボジア人のが刃物で刺された!場所は栃木県足利市大前町のアパート!犯人は?

24日午後2時半ごろに、栃木県足利市大前町のアパートの1室で

カンボジア人と見られる男性が太ももを刃物で刺されて倒れているのが見つかり

搬送先の病院で死亡したというニュースが入っていました。

近所の住民から「人がけがをした」と消防に通報を受けて

警察官が駆けつけたところ

カンボジア人と見られる男性が太ももを刃物で刺されて血を流して倒れているのが見つかり、

病院に運ばれましたが、およそ2時間後に亡くなったと言うことです。

警察によりますと当時、

現場には外国人と見られる複数の人たちが集まっていて、

この部屋に住む外国人の男が男性を刺したという趣旨の話しをしているということです。

刺した犯人は情報によると、30歳ぐらいの外国人と言われています。

現在犯人は、逃走中との事ですので、今後ともこのニュースには

注目していきたいと思います。

スポンサードサーチ

カンボジア人は一体何をしに日本へ?

このニュースで注目的なのが、「カンボジア人」。

日本でカンボジア人のニュースを聞くのは珍しいです。

多くのカンボジア人の人は、日本へ働きに来るそうです。

現在は日本企業もカンボジア人のスタッフを募集している会社が増えてきていますので、

被害者のカンボジア人の方も、働きに日本へ来たと思われます。