マラドーナ病院に緊急搬送!理由は逆転勝利で興奮し過ぎ!Twitterでの反応は?

神の手で知られる元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナが、

興奮し過ぎて病院へ緊急搬送されると言うニュースが飛び込んできました。

ロシアワールドカップD組の第3節

アルゼンチンVSナイジェリアの試合を観戦しており

アルゼンチンがナイジェリアを2-1で逆転勝利を納め、

アルゼンチンはグループ2位となり決勝トーナメント進出が決定

スタンドで観戦していたディエゴ・マラドーナはこれに超大喜び!

ここまでは良かったんですが、あまりの嬉しさにマラドーナは大興奮

興奮しすぎたためか、その後体調を崩し、2人の男性に抱えられながら

観客席の後ろにある部屋に戻り

ソファーに腰掛けた様ですが、体調があまりに悪くなったため

その後、病院に搬送されたようだ。

幸い命に別状はなく、現在マラドーナの状態は安定しているようです。

マラドーナは1960年10月30日生まれの現在は57歳で

身長は165cmとサッカー選手にしては小柄ですが

実は以前にも緊急入院をなんどもしており、

地元の人は、またか!という感じらしいです。

2000年と04年には、コカインの過剰摂取で入院

その後、薬物依存から脱却した代わりにアルコールに依存するようになり

アルコール依存症が原因で病院へ緊急搬送された過去があります。

スポンサードサーチ

ツイッター上での反応は?

この試合で異常に興奮していたマラドーナ

ツイッター上での反応をまとめましたので、見てみましょう!

https://twitter.com/1afab4dab43349e/status/1011752246701318144

 

最後に、マラドーナ伝説のサッカープレイの動画をご覧ください!